本ページをお読みになる前に

本ページについて

『IIJ統合運用管理サービス 監視コントロールパネル 操作編』(以下、本ページ)は、IIJ統合運用管理サービスの監視サービスをご契約のお客様向けに、監視コントロールパネルの操作方法について記載した資料です。
新規サーバ、監視の登録手順や変更手順などを記載していますので、監視コントロールパネルをご利用の際にご覧ください。

本ページの更新について

本ページの更新は、サービスの仕様変更やナレッジ追記の際に実施します。
更新が発生した場合は、「UOMポータル」でお知らせします。

本ページに登場する用語の説明
用語意味
監視ID監視ごとに、一意に割り振られる番号です
エラーコード

各種エラーを表す符号です
※ 監視種別とエラー内容で構成されています(例:PNG-W006はPING監視で出力されたW006エラーであることを表します)

CWM(ClariceWinModule)

Windowsを監視する際に使用する、監視用モジュールのことです
※イベントログの監視をEventing6.0で実施する場合は、導入必須です

外部監視対象の機器に対して監視設備から対象機器にアクセスして監視を行います
内部監視対象の機器に対して監視設備からログインし、対象機器の内部に入った状態で監視を行います