ClariceAgentの手動インストール方法について

[WindowsサーバにClariceAgentを手動インストールする方法]

監視コントロールパネルからのインストールがポリシー上できない場合、手動でインストールすることも可能です。
下記手順を実施してください。

1. claginst.exeファイルの設置
対象機器にAdministrator権限のあるユーザーでログインし、「claginst.exe」をインストールフォルダに配置します。

[例]
  C:¥clarice¥clagent¥claginst.exe 

※インストール先のフォルダ名には、マルチバイトは含めないようご注意ください。
※あらかじめエージェントインストールフォルダは作成しておいてください。

2. ClariceAgentのインストール
コマンドプロンプトから以下のコマンドを入力します。

[例]
C:¥> cd C:¥clarice¥clagent
C:¥clarice¥clagent> C:¥clarice¥clagent¥claginst.exe local -s x.x.x.x -p 8888 -i x.x.x.x -u Administrator -P password

各パラメータには以下の情報を設定してください。
-s: 監視システム側のIPアドレス(お問い合わせください)
-p: 監視システム側の稼働ポート番号(8888で固定)
-i: 対象機器のIPアドレス(監視用のIPアドレス)
-u: エージェント起動ユーザ
-P: エージェント起動ユーザのパスワード
上記実施後「Installation completed successfully.」が表示されればインストール終了です。

3. 「監視コントロールパネル」でClariceAgentの登録
対象機器の「サーバ接続情報設定画面」で接続方法に「ClariceAgent」を選択し、
「手動インストールしたClariceAgentの登録」を選択して「>>実行」を押下し登録を完了します。