2: 監視テンプレートの適用

監視テンプレートを適用します。

1. 「監視テンプレート(一覧)」画面で、適用する監視テンプレートの「(監視テンプレートを適用する)」アイコンをクリックします。

2. 「監視テンプレートの適用画面」が表示されます。適用するサーバを選択し、「確認」をクリックします。

設定項目設定内容
テンプレート名:指定した監視テンプレートの名前
OS:指定した監視テンプレートが作成されたOS種別
【注意】

監視テンプレートを作成したOS種別と、適用するサーバのOS種別は同一にしてください。
作成した監視テンプレートのOS種別と異なるOS種別に対しては、監視テンプレートを適用できません。

3. 「監視テンプレートの適用確認画面」が表示されます。「適用」をクリックします。

4. 「監視テンプレートの適用完了画面」が表示されます。監視テンプレート適用結果を確認し、「監視設定一覧へ」をクリックします。

【注意】

テンプレートを使用してログ詳細監視を設定した場合は下記を実施してください。

  • プログラムファイル名の変更
  • 監視テスト実行


ログ詳細監視は監視対象側にプログラムファイルを設置する必要があるため、テンプレート適用のみでは監視を実行することができません。
また、プログラムファイル名はコピー元と同一となっておりますので、必要に応じて変更してください。
同一ノードで同一名のプログラムファイルを配置した場合は、元々設定されていた監視が正しく行われなくなる可能性がございますので必ず名前を変更してください。