16: 監視設定時のエラーメッセージ

1: 【エラー】SMBプロトコルネゴシエーションエラーが発生しました。エラーコード:errcd=-33 smb.c(828): smb protocol negotiation error: security signature is required

  • 監視対象サーバ(Windows)の、以下のローカルポリシーが、正しく設定されていない場合に発生します。
    • Microsoft ネットワーク サーバー:常に通信にデジタル署名を行う
      上記のローカルポリシーを「無効」に設定してください。
    • Microsoft ネットワーク サーバー:クライアントが同意すれば、通信にデジタル署名を行う
      上記のローカルポリシーを「有効」に設定してください。

2: 【エラー】ネットワーク入出力エラーが発生しました。(timeout)エラーコード: errcd=-15 sock.c(271): socket I/O(asynchronous read) timed out

  • 接続方法がNetBIOSで、名前解決ができない場合に発生するエラーです。以下2つのうち、どちらかを実行してください。
    • NetBIOSの名前解決ができるようにする
      監視対象ノードのポート番号「137/udp」を待ち受け可能としてください。
      ※ NetBIOSは、監視対象ノードのポート番号「137/udp」に問い合わせ、名前解決した後に通信を実行します。

3: 【エラー】接続エラーが発生しました。(connect failed)エラーコード:errcd=-12 sock.c(55):Connection timed out

  • 監視対象ノードとのTCPコネクションが確立できない場合のエラーです。
  • 以下の複数の原因が考えられます。
    • 接続先ホストがダウンしている
    • 接続先ホストへの経路が存在しない
    • ファイアウォールなどにより接続先ポートへの接続が拒否された
    • システムのsocketエラー

4: 【エラー】エラーコード:errcd=82 winreg.c(75): peer responsed null policy handle.h

  • 接続ユーザの権限の問題です。
  • Windowsの「UAC」を無効化してください。
  • UACの無効化について詳しくは、「UAC(User Agent Control)の無効化」をご覧ください。

5: 【エラー】監視対象サーバとのNetBIOSセッションが確立出来ませんでした。(busy)エラーコード:errcd=-20 nbt.c(158): peer was not responsed positive session: message type

  • NetBIOSで監視対象ノードと通信が確立できません。
  • 接続方法を「Microsoft-DS」または「ClariceWinModule」に変更してください。接続方法の変更について詳しくは、「3: 監視コントロールパネルへのサーバ登録」の手順6をご覧ください。

6: 【エラー】接続エラーが発生しました。(connect failed)エラーコード:errcd=-12 sock.c(71):illegal socket status

  • 以下を設定してください。
    • ネットワークプロパティの「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有」でコンポーネントが「無効」に設定されている場合は、「有効」に変更してください。
    • Serverサービスが停止している場合は、サービスを開始してください。

7: 【エラー】 サーバへの接続に失敗しました。サーバ接続情報を見直してください。

  • 監視対象サーバの時刻が同期されていない可能性があります。
  • 時刻を同期し、再度確認してください。エラーによる出力メッセージの例を示します。

errcd=-76 errno=-16 errmsg=clwinmod.c(395): ClariceWinModule < = > I/O error: sock.c(149): connection reset by peer while readn...

8: 【エラー】Warning: Identity file not accessible: No such file or directory.

  • 監視対象サーバへssh接続ができない場合に発生するエラーです。
  • 監視対象サーバに設定したSSH公開鍵の設定に問題がないことを確認してください。