Azure(外部監視)

Azure Monitorから取得したメトリックを監視します。
監視可能なサーバ種別は、Linux、Windows、Otherです。

【参考】

Azure監視を行う場合はノード登録を行う際に、Linux、Windows、Other のいずれかを選択してください。

【参考】

Azure Portalで、監視コントロールパネルからの接続に必要な情報を取得する手順を説明します。

  1. Azure Portalにログインする。

  2. サブスクリプション サービスを参照し、サブスクリプションIDを控える。
  3. Azure Active Directory サービスを参照し、以下のaからcを実行する。
    1. 「アプリの登録」をクリック。
    2. 「アプリの登録」画面で「新規登録」をクリック
    3. 「アプリケーションの登録」画面で以下iとiiを記入後、「登録」をクリック
      1. 名前:任意の名前を入力※1
      2. サポートされているアカウントの種類:任意の項目を選択
  4. 登録後の画面でクライアントIDテナントID を控える。
  5. 「証明書とシークレット」をクリック
  6. 「新しいクライアントシークレット」をクリック。
  7. 「クライアント シークレットの追加」で以下のa、bを記入後、「追加」をクリック
    1. 説明:任意入力
    2. 有効期限:プルダウンよりいずれかを選択※2
  8. 作成された新しいクライアント シークレット値を控える※3

※1:名前は後ほど入力するため、控えておいてください。
※2:期限が切れると監視コントロールパネルからの接続ができなくなります。
※3:別の操作や、他の画面に遷移すると、値が取得できなくなりますので、注意してください。

  1. リソースグループ サービスを参照し、以下のa、bを実行する。
    1. 監視対象のリソースグループを選択し、「アクセス制御 (IAM)」をクリック
    2. 「ロールの割り当てを追加する」の「追加」をクリックし、以下iからiiiを入力後、「保存」をクリック
      1. 役割:監視閲覧者
      2. アクセスの割当先:任意
      3. 選択:「アプリの登録」で作成した名前を入力
  2. Azure Portalからログアウトする。

メニューの表示方法
トップページ > リスト > OverView > 監視一覧 > 新規監視追加 > 監視詳細設定

1. 以下の項目を設定し、「確認」をクリックします。

[1 Azure Monitorへ接続するためのプロファイルを新規登録、または選択して下さい。]
「新規登録」をクリックし、Azure Monitorへ接続するためのプロファイルを設定します。(必須)

設定項目設定内容
プロファイル名プロファイル名(任意の名称)を入力
サブスクリプションIDサブスクリプションID(Azure Portalで確認したID)を入力
テナントIDテナントID(Azure Portalで作成したID)を入力
クライアントIDクライアントID(Azure Portalで作成したID)を入力
クライアント認証キークライアント認証キー(Azure Portalで作成した"クライアントシークレット値")を入力


「接続確認」をクリックすると、確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックしてください。

「⇒登録」をクリックすると、確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックしてください。


[2 監視メトリック設定]
監視対象のメトリックを設定します。「メトリック1」「メトリック2」「メトリック3」「メトリック4」をクリックすると、それぞれに設定項目が表示されます。

設定項目設定内容
Resource group取得するメトリックのResource groupを選択


設定項目設定内容
Resource取得するメトリックのResourceを選択


設定項目設定内容
Namespace取得するメトリックのNamespaceを選択


設定項目設定内容
Metric取得するメトリックを選択


設定項目設定内容
Aggregation取得する集合値の種別を選択
メトリックを取得してみるAzureモニターから最新のメトリック値を取得
timeGrain取得するメトリックの間隔を設定
メトリック計算式メトリック値の計算を行う場合は設定
エラー判定方法1

取得したメトリック値に対するエラー判定方法を選択

  • メトリック値が取得出来た場合にエラーとする
  • メトリック値が取得出来なかった場合にエラーとする
  • メトリック値が閾値に達していたらエラーとする
  • メトリック値が閾値に達していなかったらエラーとする
グラフタイトル取得結果のグラフ上部に表示されるグラフタイトルを設定
グラフ縦軸ラベル取得結果のグラフ縦軸に表示されるラベルを設定を設定
グラフデータ名取得結果のグラフデータ名を設定。凡例などの表示に使用

[3 タイムアウト]
タイムアウト値を設定します。(必須)

設定項目
設定内容
タイムアウト

1秒から20秒までの間で設定※1

※1:推奨値は10秒です。

2. 「新規監視追加画面」が表示されます。

【参考】

監視間隔は、メトリックの収集間隔に合わせて設定してください。
5分以上に設定することを推奨します。

【参考】

Azure監視で監視可能なResourceは以下です。プルダウンに表示されないResourceがある場合は、お問い合わせください。

  • Analysis Service
  • API Management service
  • App Service
  • App Service Environment
  • App Service Plan
  • Application Gateway
  • Application Insights
  • Automation Account
  • Autoscale setting
  • Availability Tests
  • Azure Database for MariaDB server
  • Azure Database for MySQL server
  • Azure Database for PostgreSQL server
  • Azure Database for PostgreSQL flexible servers
  • Bastion Hosts
  • Batch account
  • Cloud Services (classic)
  • Cloud Simple
  • Cognitive Service
  • Connections
  • Container group
  • Container registry
  • Container service (managed)
  • Cosmos DB
  • Customer Insight
  • Data Box Edge / Data Box Gateway
  • Data Factory
  • Data Factory (V2)
  • Data Lake Analytic
  • Data Lake Store
  • Device Provisioning Service
  • Digital Twins
  • DNS zone
  • Event Grid Topics
  • Event Hub
  • Event Hubs Cluster
  • ExpressRoute circuit
  • ExpressRoute Direct
  • Firewall
  • Font Door
  • HDInsight cluster
  • IoT Hub
  • Key Vault
  • Kusto Cluster
  • Load balancer
  • Log Analytics
  • Logic app
  • Managed Instances
  • NetApp Capacity Pools
  • NetApp Volumes
  • Network Interface
  • Network Watcher
  • Notification Hub
  • PowerBI capacities
  • Public IP address
  • Recovery Services
  • Redis Cache
  • Relay
  • Search Service
  • Service Bus
  • SignalIR service
  • Slot
  • Solution
  • Sql database
  • Sql elastic pool
  • Storage Account
  • Storage Account (classic)
  • Storage Sync Services
  • Stream Analytics job
  • Time Series Insights environmenet
  • Traffic Manager profile
  • Virtual machine
  • Virtual machine (classic)
  • Virtual machine scale set
  • Virtual network gateway
  • Virtual networks
  • Worker Pools