1: ClariceAgentのインストール

ClariceAgentのインストール

ClariceAgentのインストール作業は「サーバ接続情報設定画面」で実施します。
※「サーバ接続情報設定画面」への遷移手順は「3: 監視コントロールパネルへのサーバ登録」をご覧ください。

【注意】

制限事項は以下のとおりです。

  • インターネット経由で監視を行っている場合、ClariceAgentは使用できません。
  • ClariceAgentのインストール時に作成されたフォルダやディレクトリ、設定ファイルなどの更新または削除は行わないでください。
  • ClariceAgentのインストールには管理者権限が必須です。

【参考】

ClariceAgentをインストールすると、監視対象側に「clagent.log」が作成されます。該当ログのローテートに関しては、以下のとおりです。

  • Linux
    • ローテート日時や保持期間は、ログローテートの設定に従います。
    • インストール時、自動的に以下内容が追記されます。必要に応じて事前にバックアップを取得してください。
      /etc/rsyslog.confの最終行に追記

      local6.*  /home/インストールユーザ名/clag/log/clagent.log

      /etc/logrotate.d/syslogの先頭行に追記

      /home/インストールユーザ名/clag/log/clagent.log

      アンインストール時には上記内容が削除されます。clagentと同一ファシリティの設定がある場合、記載内容が同時に削除されてしまうため、アンインストール後に追記してください。

  • Windows
    • カレントファイルが1MBを超えると、ローテートされます。カレントファイルを合わせて、最大8ファイル(clagent.log.7まで)保持されます。

LinuxサーバにClariceAgentをインストールする方法
【注意】

LinuxサーバにClariceAgentをインストールする際に必要な項目は以下のとおりです。

  • Selinuxが有効な環境にClariceAgentをインストールする場合はSelinuxのポリシー設定が必要です。
    ClariceAgentのインストールディレクトリに対して、ClariceAgentのログ出力を許可するポリシーを行ってください。
  • 監視対象側で「PerlのLWPモジュール」、「wget」、または「curl」のいずれかが使用可能な状態にしてください。
  • ClariceAgentで監視を行う際、監視対象側でatコマンドを使用します。atdサービスを起動してください。
  • ClariceAgent実行ユーザは一般ユーザでも可能です。
    ただし、root権限の必要な監視をおこなう場合はroot権限を持つユーザを使用してください。
  • logrotateのバージョンにより、正常にログローテートできなくなることがあります。
    「/home/インストールユーザ名/clag」および「/home/インストールユーザ名/clag/log」ディレクトリの権限が755であることを確認してください。

1.「接続方法」で「ClariceAgent」を選択すると、ClariceAgentをインストールするための設定項目が表示されます。

2.以下の項目を設定した後、プルダウンメニューから「ClariceAgentをインストール」を選択し、「実行」をクリックします。

設定項目設定内容
接続先ログインシェル (必須)「bash系」または「csh系」を選択

ClariceAgentのインストールを行う際の対象機器への接続方法 (必須)

ssh2を選択
※ SSHポート番号を入力します。デフォルトは「22」です

ユーザID監視を実行するユーザIDを入力
パスワード「ユーザID」に指定したユーザのパスワード

パスワード2

管理者権限をもつユーザのパスワード
※「 ユーザID」に管理者権限がない場合は入力が必須です
SSH接続キー「SSH公開鍵の作成」で作成したSSH公開鍵を選択

3.確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると、ClariceAgentがインストールされます。

4.インストールが完了すると、メッセージが表示されます。「OK」をクリックします。

5.対象機器にログインして、ディレクトリ権限を確認します。

$ ls -ld /home/インストールユーザ/clag
$ ls -ld /home/インストールユーザ/clag/log
 権限が755でない場合は以下を実施してください。
$ chmod 755 /home/インストールユーザ/clag
$ chmod 755 /home/インストールユーザ/clag/log

【参考】

ClariceAgentのプロセス名は「/home/インストールユーザ名/clag clagent」です。

【参考】

ClariceAgentをインストールしたユーザのcronに、下記が追記されます。


*****/home/インストールユーザ名/clag/clagctl check > /dev/null 2>&1

WindowsサーバにClariceAgentをインストールする方法

1.「接続方法」で「ClariceAgent」を選択すると、ClariceAgentをインストールするための設定項目が表示されます。

【注意】

ClariceAgentをインストールする前に、「接続方法」で「Microsoft-DS」または「NetBIOS」を選択して「確認&接続テスト」をクリックし、接続テストに成功することを確認してください。

2.以下の項目を設定した後、プルダウンメニューから「ClariceAgentをインストール」を選択し、「実行」をクリックします。

設定項目設定内容

ClariceAgentインストールパス
(インストールするフォルダを指定する場合は必須)

ClariceAgentをインストールするフォルダのパスを入力
※ インストール先のフォルダがない場合、自動で新規作成されます

実パス

共有フォルダにインストールを行う場合に、機器上の実際のパスをフルで指定
※ その際ClariceAgentインストールパスの欄は「共有名\パス」の形式で入力してください

ユーザ

監視を実行するユーザIDを入力
パスワード「ユーザID」に指定したユーザのパスワード

3.確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると、ClariceAgentがインストールされます。

4.インストールが完了すると、メッセージが表示されます。「OK」をクリックします。

【参考】

ClariceAgentのサービス名は「ClariceAgent」、プロセス名は「clagent.exe」です。

【参考】

タスクスケジューラに「ClariceAgentController」という名前のタスクが登録されます。