1: CWM(ClariceWinModule)のインストール

CWM(ClariceWinModule)をインストールします。
CWM(ClariceWinModule)のインストール作業は「サーバ接続情報設定画面」で実施します。
※「サーバ接続情報設定画面」への遷移手順は「3: 監視コントロールパネルへのサーバ登録」をご覧ください。

【注意】

制限事項は以下のとおりです。

  • インターネット経由で監視を行っている場合、Winログ詳細監視は使用できません。
  • ClariceWinModuleのインストール時に作成されたフォルダや設定ファイルなどの更新・削除等は行わないでください。
  • ClariceWinModuleのインストールには管理者権限が必須です。


1.「接続方法」で「ClariceWinModule」を選択した場合、ClariceWinModuleをインストールするための設定項目が表示されます。

【注意】

ClariceWinModuleをインストールする前に、「接続方法」で「Microsoft-DS」または「NetBIOS」を選択して「確認&接続テスト」をクリックし、接続テストに成功することを確認してください。

2.以下の項目を設定した後、プルダウンメニューから「ClariceWinModuleをインストール」を選択し、「実行」をクリックします。

設定項目設定内容

ClariceWinModuleサーバ
(必須)

プルダウンメニューに「1 現在設定済みのサーバ基本情報」の「監視用IPアドレス」に
表示されているIPアドレスを入力
※ ポート番号は、「31080」から変更しないでください
※ 監視用のIPアドレスとNAT変換前のIPアドレス(実IP)が異なる場合、
「(実IP)」左のテキストボックスに実IPを入力してください

ユーザ
(必須)

「2 以下のサーバ接続情報を設定してください。」の「接続ユーザID」に入力したユーザIDを入力

パスワード
(必須)

「2 以下のサーバ接続情報を設定してください。」の「パスワード」に入力したパスワードを入力

ClariceWinModuleインストールパス
(インストールするフォルダを指定する場合は必須)

ClariceWinModuleをインストールするフォルダのパスを入力
※ 事前にフォルダを作成します
※ 存在しないフォルダを指定するとインストールエラーが表示されます
※ フォルダを指定しない場合は、空白にします。Cドライブ直下にインストールされます

3.確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると、ClariceWinModuleがインストールされます。

4.インストールが完了すると、メッセージが表示されます。「OK」をクリックします。