Winディスク(内部監視)

Windowsサーバのディスク使用率を監視します。
監視可能なサーバ種別は、Windowsです。
メニューの表示方法
トップページ > リスト > OverView > 監視一覧 > 新規監視追加 > 監視詳細設定

1. 以下の項目を設定し、「確認&監視テスト実行」をクリックします。

[1 ディスク使用率(win)監視設定]
監視するドライブ、及びワーニング閾値とアラート閾値を設定します。(必須)
4つのドライブを設定できます。

設定項目設定内容

ドライブ
(ドライブ1から4までのいずれかの
設定が必須)

監視するドライブを選択
「*」(ワイルドカード)を選択すると、ドライブの使用率が監視対象になります

ワーニング閾値(%)
(ドライブ、またはアラート閾値が
設定されている場合は必須)

ワーニングとして検知するディスク使用率を入力
※ 0%から100%までの間で設定できます
※ 設定した値を超えるとワーニングが発生します

アラート閾値(%)
(ドライブ、またはワーニング閾値
が設定されている場合は必須)

アラートとして検知するディスク使用率を入力
※ 0%から100%までの間で設定できます
※ 設定した値を超えるとアラートが発生します

現在のディスク使用率を取得

現在のディスク使用率を「取得結果」に表示させる場合は、項目をクリック(表下の画面を参照)

[2 タイムアウト設定]
監視結果のリターンを待つ時間を設定します。

設定項目設定内容
タイムアウト

1秒から20秒までの間で設定
※ 推奨値は、20秒です

2. 監視テストに成功すると「新規監視追加画面」が表示され、「2 監視詳細設定」の「修正」の右側に「*監視実行テストOK」と表示されます。

【参考】

過去1週間分のマウントポイント1 ~ 4、またはドライブ1 ~ 4のディスク使用率が「UOMポータル」のグラフで表示されます。マウントポイントに「*」を指定した場合は表示されません。