11: WinCPU監視

1: WinCPU監視(Windows)で、CPU使用率が100%と検知されたが、「実際にパフォーマンスグラフやタスクマネージャで確認したCPU使用率」と「検知されたCPU使用率」が一致していないように見受けられる

  • 監視実行中に「接続方法」を「NetBIOS / Microsoft-DS」から「CWM(ClariceWinModule)」に変更した場合、変更直後の監視時にCPU使用率を100%として検知することがあります。