自動コマンド実行

作成中または編集中のインシデントチケットから、自動コマンドを実行できます。
自動コマンド実行結果は、タイムラインに表示されます。表示に時間がかかる場合があります。
自動コマンドは、UOMポータルのサービス設定機能の「自動オペレーション設定」で設定できます。詳しくは、『IIJ統合運用管理サービス サービス設定機能 操作編』の「自動オペレーション設定」をご覧ください。


発生したアラートに対して自動コマンドを実行する場合を例に説明します。

1. コマンドを実行したいインシデントチケットの編集画面を開きます。

必要に応じて障害情報や対応状況を入力してください。「*」が付いている項目は入力必須です。

2. 実行する自動オペレーションを設定します。コマンドを実行する対象をリストから選択してください。

クラウド連携オプションをご契約の場合、クラウド(Azure、AWS、GCP)に対してコマンドを実行できます。

3. 実行するコマンドを選択します。

リストには、「実行対象」で選択したノードやクラウド(Azure、AWS、GCP)に設定したコマンド名称が表示されます。
コマンドは、事前に「サービス設定」の「自動オペレーション設定」で設定が必要です。

4. 「」をクリックすると、コマンド内容欄に実行対象とコマンド名称が表示されます。

このタイミングでは、コマンドは実行されません。チケットの作成や更新完了まで処理を進めてください。

コマンドを削除する場合は、「」をクリックしてください。

5. 入力が完了したら、「内容確認」をクリックします。

6. 内容を確認の上、「内容を確認しました」にチェックを入れて、「更新」をクリックします。

7. インシデントチケットが更新されます。

チケット作成、及び更新処理の後、自動コマンドが実行されます。

「OK」をクリックすると、「インシデント管理:詳細」画面に戻ります。

8. 自動コマンドの実行結果は、タイムラインに表示されます。

(例)ノードに対するコマンド実行時

(例)クラウドに対するコマンド実行時