1.1 仮想サーバのタイプ

仮想サーバのタイプ、タイプごとの仕様、及びタイプの選択例について説明します。

仮想サーバのタイプ

仮想サーバには、以下の3つのタイプがあります。

性能保証タイプ
  • CPUのコアを固定で割り当てます。安定した性能を発揮します。
  • ネットワーク帯域は品目に応じて設定されます。
  • 品目に応じて月額固定で課金されます。
  • 品目は任意に変更できます。
  • ベストエフォートタイプ
  • CPU性能を時間で割り当てます。CPUが空いていれば課金以上の性能で利用可能です。
  • グローバルネットワーク帯域は、品目に関わらず1Gbpsベストエフォートです(同一ハイパーバイザ内に収容されている仮想サーバで共有)。
  • プライベートネットワーク帯域は、品目に応じて設定されます。
  • インターネットへの転送量に応じて従量課金されます。
  • 品目は任意に変更できます。
  • 重 要

    ベストエフォートタイプの仮想サーバの起動時に、割り当て可能なリソースが不足している場合、起動に失敗することがあります。

    専有タイプ
  • 物理サーバを専有して割り当てます。データベース用途に最適化されています。
  • ネットワーク帯域は8Gbpsベストエフォートです。ただし、インターネットに接続できません。
  • 8Gbpsベストエフォートのプライベートネットワーク/Vを利用できます。
  • 品目を変更できません。ただし、システムストレージを付け替えることで、性能保証タイプまたはベストエフォートタイプの仮想サーバとして起動できます。
  • 仮想サーバのタイプごとの仕様

    仮想サーバの各タイプの仕様を以下に示します。

    補 足
    仕様 性能保証タイプ ベストエフォートタイプ 専有タイプ
    vCPU 1~16 1~20 16 / 20
    メモリ 3~64GB 1~32GB 96GB / 192GB / 256GB
    システムストレージ(別料金) 30GB / 60GB
    追加ストレージ(別料金) 100GB~1000GB
    ローカルストレージ なし SSD 400GB / Fusion ioMemory 1000GBまたは1300GB / NVMe SSD 4TB
    ネットワーク帯域上限 100Mbps~1Gbps

    グローバル:1Gbpsベストエフォート

    プライベート:50Mbps~1Gbps

    8Gbps
    グローバルネットワーク 利用可 利用不可
    標準プライベートネットワーク 利用可
    プライベートネットワーク/V 利用可
    注 意
    重 要
    補 足
    • 各タイプの性能(CPU性能、メモリ、ネットワーク帯域、ローカルストレージの有無)に応じて複数の品目を提供します。品目については、「1.2 仮想サーバの品目と課金」をご覧ください。
    • Fusion ioMemoryモデルの仮想サーバ専有タイプ(品目:VD16-192-FIPX)を契約した場合、1000GBまたは1300GBのローカルストレージを提供いたします。ただし、お客様は提供されるローカルストレージを指定できません。
    • 性能保証タイプとベストエフォートタイプを切り替えられます。
    • プライベートネットワーク/Vは、性能保証タイプ及びベストエフォートタイプともにネットワーク帯域と品目が連動します。ただし、追加料金は発生しません。
    • 仮想サーバの契約可能台数は、各タイプの合計で20台までです。21台以上の仮想サーバをご要望の場合、弊社営業またはIIJサポートセンターにお問い合わせください。

    仮想サーバのタイプの選択例

    用途に応じた最適な仮想サーバのタイプを選択するための例を示します。