2.7 Windows Server利用時の注意事項

SPLAライセンス規定、ライセンス認証、及び再起動と停止についての注意事項を説明します。

SPLAライセンス規定についての注意事項

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースで提供するWindows Serverは、Microsoft SPLAを使用してライセンスを提供しています。そのため、Windows Serverで利用するMicrosoft製品のライセンスは、原則として弊社が提供するMicrosoft SPLAをご利用いただく必要があります。

お客様が保有するMicrosoft製品のライセンスを利用する場合は、弊社営業担当までお問い合わせください。

ライセンス認証についての注意事項

仮想サーバの起動後に、ライセンスのアクティベーション(有効化)が必要になる場合があります。「サーバーマネージャー」画面の「プロダクトID」に「ライセンス認証されていません」と表示されている場合、ライセンスのアクティベーションを実施してください。操作手順を以下に示します。

オンラインでアクティベーションを行う場合
1.「システム画面」の「今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。」をクリックします。

「Windowsのライセンス認証」画面が表示されます。

2.「Windowsのライセンス認証の手続きを今すぐオンラインで行います」をクリックします。

ライセンス認証が成功すると、「ライセンス認証に成功しました」と表示されます。

オフラインでアクティベーションを行う場合、もしくはオンラインでのアクティベーションに失敗する場合
1.「システム画面」の「今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。」をクリックします。

「Windowsのライセンス認証」画面が表示されます。

2.「ライセンス認証の手続きを行うその他の方法を表示します」をクリックします。

ライセンス認証の手続きを行う方法が表示されます。

3.「自動電話システムを使用します」をクリックします。

連絡先の電話番号が表示されます。

4.表示された電話番号に電話をかけ、指示に従って確認IDを入力の上、「次へ」ボタンをクリックします。

ライセンス認証が成功すると、「ライセンス認証に成功しました」と表示されます。

再起動と停止についての注意事項

コントロールパネルやAPIで仮想サーバの再起動または停止を要求したときに、仮想サーバが一定時間停止されない場合は強制的に停止いたします。そのため、Windows Update適用後などで停止処理に時間がかかる場合は、仮想サーバ内で再起動やシャットダウンを実行してください。

Windows Serverのサポートについて

弊社で提供するWindowsライセンスは、前述のSPLAライセンスによる利用ライセンスのみです。したがって、仮想マシンにインストール済みのMicrosoft製品のサポートは、弊社では提供いたしません。Microsoft製品のサポートをご希望の場合は、お客様自身でMicrosoftのサポートをご購入ください。

Hyper-Vコンテナについて

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースで提供するWindows Serverでは、Hyper-Vコンテナを利用できません。

cloudbase-initについて

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースで提供するWindows Serverでは、2017年12月21日以降に提供するシステムストレージに cloudbase-init がプリインストールされています。

Windows Server 起動時にイベントビューアーで cloudbase-init のエラーが表示されますが、仮想サーバのご利用には影響ございません。

「cloudbase-init」について詳しくは、「1.cloud-init / cloudbase-initの利用方法」をご覧ください。