1.8.1 仮想サーバ 性能保証タイプとベストエフォートタイプのメンテナンス

仮想サーバ 性能保証タイプ、及びベストエフォートタイプのサービス設備のメンテナンスのために、仮想サーバのライブマイグレーションを実施することがあります。ライブマイグレーションは、仮想サーバを稼働状態のまま、別の物理サーバに移設する操作です。

通常時と緊急時のライブマイグレーションについて、以下に説明します。

通常時

通常時のライブマイグレーションについて、以下に説明します。

猶予期間中に仮想サーバの停止と起動を実施された場合と、猶予期間を過ぎた場合の対応は、以下のようになります。

猶予期間中にお客様で作業された場合
補 足

仮想サーバ内からの再起動(shutdown -rなど)では、反映されません。コントロールパネルまたはAPIで仮想サーバを停止後、仮想サーバを起動する必要があります。

猶予期間を過ぎた場合

緊急時

緊急を要するサービス基盤のアップデートや障害対応など、猶予期間を設けられない場合の対応について、以下に説明します。

ライブマイグレーションによる影響

ライブマイグレーションを弊社が実施した場合の影響について、以下に示します。