7.4 IIJ統合運用管理サービス連携へのプライベートネットワーク/Vの接続

IIJ統合運用管理サービス連携にプライベートネットワーク/Vを接続する方法、及び接続を解除する方法を説明します。また、IIJ統合運用管理サービス連携に接続したプライベートネットワーク/Vを接続している仮想サーバとFW+LBの監視用IPアドレスの割り当て、監視用IPアドレスの割り当ての解除、及び仮想サーバへの監視用IPアドレスの追加方法を説明します。

注 意

IIJ統合運用管理サービス連携設定を行うには、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースとIIJ統合運用管理サービスの運用管理担当者である必要があります。

それぞれの操作方法について、以下のリンク先をご覧ください。

補 足

上記の操作は、「IIJ統合運用管理サービス連携」画面でも実行できます。「IIJ統合運用管理サービス」画面での操作について詳しくは、「10.2 IIJ統合運用管理サービス連携の設定」をご覧ください。