2.3.2 ルートパスワードを設定する

ルートパスワードを設定すると、CentOS、Red Hat Enterprise Linux、及びUbuntuの仮想サーバにコンソールを使用してログインできます。

コンソールは、SSH接続ができない場合でもログイン可能です。そのため、障害発生時の原因究明に必要となります。

なお、セキュリティを考慮し、コンソールログインを使用しない運用をする場合、ルートパスワードの設定は不要です。

以下に、ルートパスワードの設定方法を説明します。「仮想サーバの一覧」画面と仮想サーバの詳細画面のどちらでもルートパスワードを設定できます。

注 意
  • ご提供の初期状態では、ルートパスワードが設定されていません。
  • パスワードを忘れた場合、再設定してください。パスワード設定を上書きできます。
  • 設定したルートパスワードは、IIJサービスオンラインやコントロールパネルで無効化できません。
  • ルートパスワードの設定には、/etc/passwd 及び /etc/shadow が存在し、アクセスできる必要があります。また、仮想サーバのファイルシステムを変更すると、ルートパスワードの設定が失敗する場合があります。
  • ルートパスワードの設定が失敗した場合、仮想サーバの詳細画面の「ブートデバイス」欄、及びシステムストレージの詳細画面の「システムストレージ概要」欄に「ルートパスワード設定に失敗しました。(実行日時:####年##月##日 ##時##分)」というエラーが表示されます。また、エラーが発生している状態でルートパスワードの設定を再実行すると、エラーが表示されます。
  • ルートパスワードの設定が失敗した場合、以下のどちらかの操作を実行し、必要なファイルとディレクトリをシステムストレージに保存してください。
補 足
  • ルートパスワードの設定を実行する前に、仮想サーバを停止してください。仮想サーバの停止方法について詳しくは、「2.2.2 仮想サーバを停止する」をご覧ください。
  • ルートパスワードは、cloud-init / cloudbase-initでも設定できます。cloud-init / cloudbase-initによる設定について詳しくは、「F:その他の便利な機能」の「1.3 cloud-init / cloudbase-initの設定例」をご覧ください。

「仮想サーバの一覧」画面でルートパスワードを設定する

補 足

「仮想サーバの一覧」画面の開き方について詳しくは、「2.1.1 仮想サーバの一覧」をご覧ください。

1.ルートパスワードを設定する仮想サーバの「操作」ボタンをクリックし、「ルートパスワード設定」を選択します。
ルートパスワード設定を選択

「ルートパスワード設定」画面が表示されます。

2.ルートパスワードに設定する文字列を「パスワード入力」及び「パスワード再入力」テキストフィールドに入力し、「設定する」ボタンをクリックします。
ルートパスワード入力、設定するボタン

処理を受け付けたことを示すメッセージが「ルートパスワード設定」画面に表示されます。

3.「閉じる」ボタンをクリックします。
閉じるボタン

「ルートパスワード設定」画面が閉じ、「仮想サーバの一覧」画面に戻ります。

ルートパスワードの設定が完了したかどうかは、仮想サーバの詳細画面で確認できます。設定処理中は、仮想サーバの詳細画面の「ブートデバイス」欄の「ステータス」に設定中が表示されます。ルートパスワードの設定が完了すると接続済が表示されます。

補 足

仮想サーバの詳細画面の開き方について詳しくは、「2.1.2 仮想サーバの詳細」をご覧ください。

仮想サーバの詳細画面でルートパスワードを設定する

補 足

仮想サーバの詳細画面の開き方について詳しくは、「2.1.2 仮想サーバの詳細」をご覧ください。

1.「ブートデバイス」欄の「ルートパスワード設定」ボタンをクリックします。
ルートパスワード設定ボタン

「ルートパスワード設定」画面が表示されます。

2.上記「「仮想サーバの一覧」画面でルートパスワードを設定する」の手順2.と手順3.を実行します。

「ルートパスワード設定」画面が閉じ、仮想サーバの詳細画面に戻ります。

「ブートデバイス」欄の「ステータス」に設定中が表示されます。ルートパスワードの設定が完了すると接続済が表示されます。