2.4.2 ブートデバイスを取り外す

仮想サーバ取り付けたブートデバイスを取り外す方法を説明します。

「仮想サーバの一覧」画面と仮想サーバの詳細画面のどちらでも、仮想サーバからブートデバイスを取り外せます。

補 足

ブートデバイスを取り外す前に、仮想サーバを停止してください。仮想サーバの停止方法について詳しくは、「2.2.2 仮想サーバを停止する」をご覧ください。

「仮想サーバの一覧」画面でブートデバイスを取り外す

補 足

「仮想サーバの一覧」画面の開き方について詳しくは、「2.1.1 仮想サーバの一覧」をご覧ください。

1.ブートデバイスを取り外す仮想サーバの「操作」ボタンをクリックし、「ブートデバイス取り外し」を選択します。
ブートデバイス取り外しを選択

「ブートデバイス取り外し」画面が表示されます。

2.「取り外す」ボタンをクリックします。
取り外すボタン

処理を受け付けたことを示すメッセージが「ブートデバイス取り外し」画面に表示されます。

3.「閉じる」ボタンをクリックします。
閉じるボタン

「ブートデバイス取り外し」画面が閉じ、「仮想サーバの一覧」画面に戻ります。

ブートデバイスの取り外しが完了したかどうかは、仮想サーバの詳細画面で確認できます。取り外しが完了すると、仮想サーバの詳細画面の「ブートデバイス」欄の「ステータス」に「接続されていません」と表示されます。

補 足

仮想サーバの詳細画面の開き方について詳しくは、「2.1.2 仮想サーバの詳細」をご覧ください。

仮想サーバの詳細画面でブートデバイスを取り外す

補 足

仮想サーバの詳細画面の開き方について詳しくは、「2.1.2 仮想サーバの詳細」をご覧ください。

1.「ブートデバイス」欄の「取り外し」ボタンをクリックします。
取り外し

「ブートデバイス取り外し」画面が表示されます。

2.上記「「仮想サーバの一覧」画面でブートデバイスを取り外す」の手順2.と手順3.を実行します。

「ブートデバイス取り外し」画面が閉じ、仮想サーバの詳細画面に戻ります。

「ブートデバイス」欄の「ステータス」に「接続されていません」と表示されます。