8.4.1 LBの管理画面を開く

LB管理画面へのアクセス方法を説明します。

補 足

LB管理画面にアクセスするには、LB customerユーザパスワード、及びLB monitoringユーザパスワードを設定する必要があります。

LB管理画面へのアクセスは、FW+LB 専有タイプの詳細画面で実行します。

補 足

FW+LB 専有タイプの詳細画面の開き方について詳しくは、「8.1.2 FW+LB 専有タイプの詳細」をご覧ください。

1.「ホスト」欄の「管理画面を開く」ボタンをクリックします。
管理画面を開くボタン

「Login」ページが表示されます。

2.「Username」に「customer」または「monitoring」を入力します。
補 足
  • 「customer」は、設定を変更できるユーザアカウントです。
  • 「monitoring」は、設定内容の参照のみ可能なユーザアカウントです。
  • 以降の手順は、Brocade Virtual Traffic Manager 10.4を例として説明しています。
LB管理画面へのログインページ処理の受付状況
3.「Password」に「customer」または「monitoring」ユーザのパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックします。
パスワード入力とログインボタン

LB管理画面が表示されます。

LB管理画面
注 意
  • LB管理画面では、FW+LB 専有タイプがシステム上で利用する値であるTraffic IP Groups「GIO_INTERNAL_TRAFFIC_IP」を確認できます。この項目に「Virtual Servers」などを設定すると、FW+LB 専有タイプを利用できなくなる場合があります。ご注意ください。
  • LB管理画面の操作方法はサポート対象外です。操作方法について詳しくは、IIJサービスオンラインの「マニュアル・ダウンロード」ページで、以下のドキュメントをダウンロードしてご確認ください。

    IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソース Pulse Secure Virtual Traffic Manager ユーザーマニュアル