1.3 cloud-init / cloudbase-initの設定例

本ページの内容に関するサポートは行っておりません。

具体的な設定方法や設定内容の有効性、用語などに関するご質問にはお答えしておりません。

あらかじめご了承ください。

cloud-init / cloudbase-initの設定例を示します。

ホスト名の設定

ホスト名の設定例を示します。例として、ホスト名に「server01.example.jp」を設定します。

cloud-init

#cloud-config

hostname: server01.example.jp

cloudbase-init

#cloud-config

set_hostname: server01.example.jp

パスワードの設定

パスワードの設定例を示します。例として、Linuxのroot、及びWindows ServerのAdministratorに、パスワード「asdf1234@」を設定します。

cloud-init

#cloud-config

chpasswd:

  expire: false

  list:

     root:asdf1234@

cloudbase-init

#ps1_sysnative

$HostName = hostname

[ADSI]$UpdateUser = "WinNT://$HostName/Administrator,User"

$UpdateUser.SetPassword( "asdf1234@" )

$UpdateUser.SetInfo()

SSH公開鍵の設定

LinuxのSSH公開鍵の設定例を示します。例として、設定例の5行目以降の公開鍵を設定します。

cloud-init

#cloud-config

disable_root: false

ssh_authorized_keys:

 - ssh-rsa

AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAAAgQDmJ/oxtcAqiF3uEnKnJPTI84QK8iu1IkMuaHXqGriqttHDzzn9SLeSB+N2AhikggSQX0zg4xXwMZTQ1kW8w1cbfdaCWrcqC6uFfJpUuDY7mivOu5LYSldm8oAWYfRxrFTXGcl/zhj/gSMstPZLSWeXu86/Vumcls5dHWjeJxdTZw== test@test

データデバイスの設定

データデバイスの設定例を示します。例として、契約直後の初期状態の追加ストレージを、1つ目のデータデバイスとして仮想サーバに接続した状態で、データデバイスのフォーマットとマウントを行います。

cloud-init
注 意

CentOS 6、CentOS 7、CentOS 8、Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 7、及びRed Hat Enterprise Linux 8では、disk_setup moduleがデフォルトで無効になっているため、以下のサンプルは動作しません。別途イメージ内でのdisk_setup moduleの有効化、または手動でのディスクの初期化が必要です。

フォーマットは、マウントするOSのファイルシステムを指定してください。

OS フォーマット
CentOS 6 ext4
CentOS 7 xfs
CentOS 8 xfs
Red Hat Enterprise Linux 6 ext4
Red Hat Enterprise Linux 7 xfs
Red Hat Enterprise Linux 8 xfs
Ubuntu 14.04 ext4
Ubuntu 16.04 ext4
Ubuntu 18.04 ext4

#cloud-config

fs_setup:

 - label: None,

    filesystem: #### (####には、適切なファイルシステムを指定してください)

    device: /dev/vdb

    partition: auto

mounts:

 - [/dev/vdb, /mnt, auto, "defaults", 0, 0 ]

cloudbase-init
注 意

Windows Server 2008 R2 Standardでは、PowerShell のバージョンが古く、Get-Diskが使えないため、以下のサンプルは動作しません。別途、PowerShellのアップデートが必要です。

#ps1_sysnative

Get-Disk | where Number -match 1 | Set-Disk -IsOffline $False

Get-Disk | where Number -match 1 | Initialize-Disk -PartitionStyle MBR -PassThru | Clear-Disk -RemoveData -RemoveOEM -Confirm:$false -PassThru | Initialize-Disk -PartitionStyle MBR

Get-Disk | where Number -match 1 | New-Partition -UseMaximumSize -AssignDriveLetter | Format-Volume -FileSystem NTFS -NewFileSystemLabel Volume -Confirm:$false