1.6 仮想サーバのFWによる保護

システムストレージをブートデバイスとして取り付けた仮想サーバは、初期状態で以下のグローバルネットワークのNIC、及び仮想サーバ間をプライベート接続する標準プライベートネットワークのNICが構成され、どちらも有効な状態でセットアップされています。

OS グローバルネットワークのNIC 標準プライベートネットワークのNIC

CentOS 6

CentOS 7

Red Hat Enterprise Linux 6

Red Hat Enterprise Linux 7

Ubuntu 14.04

Ubuntu 16.04

Ubuntu 18.04

eth0 eth1

CentOS 8

Red Hat Enterprise Linux 8

ens5 ens6
Windows Server 2008 R2 Standard ローカル エリア接続 ローカル エリア接続2

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2016 Standard

Windows Server 2019 Standard

イーサネット イーサネット 2

FWを活用し、仮想サーバをプライベートネットワークだけに接続して安全に運用する場合、仮想サーバにログインして以下の作業を実施してください。