2.5 Red Hat Enterprise Linux利用時の注意事項

注意事項

Red Hat Enterprise Linuxのサポートは、弊社で提供いたします。ただし、サポートの対象は、以下のWebサイトの「Red Hatサポート重大度レベル定義」における、重大度1、2、及び3に該当する問題のみとなります。

なお、Red Hat Enterprise Linux の脆弱性情報に関してのお問い合わせについては、一概に重大度のレベル分類に当てはまりません。お問い合わせいただいた内容で都度判断させていただきます。また、一般的な利用方法、単純な脆弱性情報の解釈などの場合、対応をお断りさせていただく場合がありますのでご了承ください。

https://access.redhat.com/ja/support/policy/severity

SOSレポートについて

Red Hat Enterprise Linuxのサポートを行うにあたり、弊社からRed Hat社へ問い合わせる際に、SOSレポートをお客様に取得していただく場合があります。

補 足

sosreport コマンドは、Red Hat Enterprise Linux システムから設定と診断情報を取得するツールです。例えば、実行しているカーネルのバージョン、ロードしたモジュール、システム、及びサービスの設定ファイルを取得します。

SOSレポート取得方法

1.sosパッケージがインストールされていることを確認します。

# rpm -q sos

sos-x.xx-xx.el6.noarch

2.インストールされていない場合は、以下のコマンドを実行してsosパッケージをインストールします。

# yum install sos

3.sosreportコマンドを実行し、ログを取得します。

# sosreport

:

:

Press ENTER to continue, or CTRL-C to quit.「ENTERを入力」

Please enter your first initial and last name [localhost.localdomain]:「サーバ名を入力」

Please enter the case id that you are generating this report for: 「ENTERを入力」

Setting up archive ...

Setting up plugins ...

Running plugins. Please wait ...

Running 73/73: yum...

Creating compressed archive...

Your sosreport has been generated and saved in:

/tmp/sosreport-localhost.localdomain-20170111141954.tar.xz

The checksum is: 28968c95abec91de9e0e794b8af13bd8

Please send this file to your support representative.

4.コマンド実行後、出力されたファイル(/tmp(Red Hat Enterprise Linux 6 以前)、または /var/tmp(Red Hat Enterprise Linux7 以降))をご提出ください。
補 足
  • 上記は、Red Hat Enterprise Linux 6 で実施する実行例です。
  • 「Please enter your first initial and last name」でサーバ名を入力します。ログファイルの一部として使用されます。
  • 「Please enter the case id that you are generating this report for:」で任意の数字を入力します。何も入力しなかった場合は、入力時の日時が使用されます。ログファイルの一部として使用されます。
  • コマンドが終了するには、数分かかります。

yumリポジトリについて

yumリポジトリへのアクセスは、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースのグローバルネットワークを経由する必要があります。

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースのグローバルIPアドレスを付与していない仮想サーバでは、FW+LBや他の仮想サーバを経由してアクセスするように設定してください。

重 要
  • 仮想サーバ専有タイプは、グローバルネットワークに接続できません。
  • IIJ GIO プライベートバックボーンサービスなどを経由した、他サービスやプライベートリソースからの接続はできません。
  • OS初期化で利用するOSのマイナーバージョンを Red Hat Enterprise Linux 6.9 もしくは 7.4 以下で選択いただいた場合、OSの初期状態では参照先のyumリポジトリは RHUI 2となっております。その場合yumリポジトリのご利用には 下記の「■更新用 rpmパッケージ p2-client-rhel[678] のインストール方法」を実施が必要となります。
RHUI 2とRHUI 3について
補 足

rpmパッケージ p2-client-rhel[67] 3.0-1以降では、RHUI 3を利用します。

OS / バージョン RHUI 2 RHUI 3
Red Hat Enterprise Linux 6
  • rhui-rhel-6-server-rhui-rpms
  • rhui-rhel-6-server-rhui-optional-rpms
  • rhui-p2-client
  • rhui-rhel-6-server-rhui-rpms
  • rhui-rhel-6-server-rhui-optional-rpms
  • rhui-custom-p2-client
Red Hat Enterprise Linux 7
  • rhui-rhel-7-server-rhui-rpms
  • rhui-rhel-7-server-rhui-optional-rpms
  • rhui-p2-client
  • rhui-rhel-7-server-rhui-rpms
  • rhui-rhel-7-server-rhui-optional-rpms
  • rhui-custom-p2-client
Red Hat Enterprise Linux 8 --
  • rhui-rhel-8-for-x86_64-baseos-rhui-rpms
  • rhui-rhel-8-for-x86_64-appstream-rhui-rpms
  • rhui-custom-p2-client-rhel8
RHUI 2からRHUI 3への移行スケジュールについて

RHUI 2は以下のスケジュールで停止され、RHUI 3に移行しています。

日付 移行内容
2017年12月21日
  • サービスで提供するRed Hat Enterprise Linux 6、及びRed Hat Enterprise Linux 7のデフォルトの参照先リポジトリがRHUI 3に変更されます。
  • 2017年12月20日以前に契約されたRed Hat Enterprise Linux 6、及びRed Hat Enterprise Linux 7は、RHUI 2を参照しておりますので、仮想サーバ上で下記の「■更新用 rpmパッケージ p2-client-rhel[678] のインストール方法」を実行することで、RHUI 3に切り替えられます。
2018年6月1日
  • RHUI 2のリポジトリでのRHELパッケージの配布が停止されます。これにより、RHUI 2を参照する仮想サーバでは、yum updateが利用できなくなります。
2018年12月1日
  • RHUI 2のリポジトリを停止します。

更新用 rpmパッケージ p2-client-rhel[678] のインストール方法

既存の仮想サーバに更新用 rpmパッケージ p2-client-rhel[678] のインストールする方法は、以下の通りです。

コントロールパネル 「システムストレージ概要」画面より、リポジトリ設定RPMをダウンロードし、更新用 rpmパッケージ p2-client-rhel[678] をインストールする方法を説明します。

補 足

yumリポジトリへのアクセスができない場合は、本手順をお試しください。

1.コントロールパネル 「システムストレージ概要」画面より、「リポジトリ設定RPM」を選択する事でダウンロードできます。
+リポジトリ設定RPM
2.Red Hat Enterprise Linuxが稼働している仮想マシンの任意のディレクトリに、「1.」でダウンロードしたリポジトリ設定RPMを配置します。
3.リポジトリ設定RPMが保存されているディレクトリにて、以下のコマンドを実行します。

# rpm -Uvh p2-client-rhel[678]-#.#-#.noarch.rpm (#には配置した更新用リポジトリ設定RPMのバージョンを入力します)

# yum clean all

4.rpmパッケージ p2-client-rhel[678] の更新が完了したことを確認します。以下のコマンドを実行します。

# rpm -q p2-client-rhel[678]

p2-client-rhel[678]-#.#-#.noarch.rpm (#は更新したリポジトリ設定RPMのバージョンが表示されます)

補 足

rhel[678]の数字は、バージョンにより異なります。ご利用のOSに応じて入力してください。

Optionalリポジトリについて (Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 7)

Optionalリポジトリ(rhui-rhel-[67]-server-rhui-optional-rpms)は、以下のコマンドを実行してご利用ください。

# yum update p2-client-rhel[67]

補 足

rhel[67]の数字は、バージョンにより異なります。ご利用のOSに応じて入力してください。

Red Hat Insightsについて

Red Hat Insightsは、仮想サーバからシステム情報を抽出し、Red Hat社 の knowledge Baseを元に仮想サーバの稼働状況をチェックすることができるSaaSです。

Red Hat Enterprise Linux 8から rhui-rhel-8-for-x86_64-baseos-rhui-rpms で insights-client パッケージがインストールされています。

Red Hat Insightsに関する詳細情報につきましては、「Red Hat Insights 公式ホームページ」をご確認ください。

ここではRed Hat Insightsのご利用方法を説明します。

注 意
  • Red Hat Insightsは、お客様にてご自由にご利用いただくことができますが、お客様の責任においてご利用ください。
  • Red Hat Insightsに関する操作・確認方法及びその内容に関するお問い合わせは一切受け付けておりません。あらかじめご了承ください。
1.仮想サーバをyumリポジトリへのアクセスが可能な状態に適宜設定ください。

yumリポジトリへのアクセスは、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースのグローバルネットワークを経由する必要があります。

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソースのグローバルIPアドレスを付与していない仮想サーバでは、FW+LBや他の仮想サーバを経由してアクセスするように設定してください。

2.Red Hat CUSTOMER PORTAL にログイン可能なRed Hat アカウントをご準備ください。
3.仮想サーバ上で /etc/insights-client/insights-client.conf を編集します。

# vi /etc/insights-client/insights-client.conf (以下の情報を追加します)

auto_config=FALSE

username=「手順2.のお客様のRed Hat アカウント」

password=「手順2.のお客様のRed Hat アカウントのパスワード」

4.以下のコマンドを実行します。

# insights-client --register

認証 および 仮想サーバから Insights data のアップロードに成功すると、以下のメッセージを含む内容で表示、確認できます。

Successfully uploaded report from 「サーバ名」 to account #######. (#######には、Red Hat アカウント番号が表示されます)

5.Insights Customer Interfaceにお客様のRed Hat アカウントでログインし、仮想サーバの状態を確認します。

ログイン時のバナー表示について

Red Hat Enterprise Linux 8 より、仮想サーバログイン時 Red Hat Insights と Cockpit のバナーが表示されます。

バナーは /etc/motd.d ディレクトリのファイルを削除する事で表示されなくなります。

# ls /etc/motd.d/

cockpit insights-client

# rm /etc/motd.d/*

#

注 意
  • Cockpit は、お客様にてご自由にご利用いただくことができます。お客様の責任においてご利用ください。
  • Cockpit に関する操作・確認方法及びその内容に関するお問い合わせは一切受け付けておりません。あらかじめご了承ください。