8.4.2 LBをバージョンアップする

ソフトウェアアップデート可能なLB(ロードバランサ)のバージョンアップ方法を説明します。

注 意
  • アップデート完了まで、数分程度の時間がかかります。
  • シングル構成の場合、アップデート中にLBの停止が発生します。冗長構成の場合、LBの瞬断が2回発生します。
  • LBの停止に伴い、仮想サーバの再起動は発生しませんが、アップデート対象のLBのプールに登録されている仮想サーバの動作が不安定になる可能性があります。
  • 冗長構成のLBでは、マスターとスレーブの両方でアップデートを実行してください。片方ずつアップデートを実行することで瞬断が発生しますが、FW+LB 専有タイプ経由による仮想サーバへの通信が可能なまま、アップデートを実行できます。

LBのバージョンアップは、FW+LB 専有タイプの詳細画面で実行します。冗長構成の場合を例として、操作手順を以下に示します。

補 足

FW+LB 専有タイプの詳細画面の開き方について詳しくは、「8.1.2 FW+LB 専有タイプの詳細」をご覧ください。

冗長構成のLBのバージョンアップを例として、操作手順を以下に示します。

補 足

ここでは、ソフトウェアバージョン“9.9(APIバージョン:3.3)”の画面で説明します。

1.「ホスト」欄の「バージョンアップ」ボタンをクリックします。
LBのバージョンアップボタン

「LBのバージョンアップ」画面が表示されます。

2.「バージョンアップする」ボタンをクリックします。
バージョンアップするボタン

処理を受け付けたことを示すメッセージが「LBのバージョンアップ」画面に表示されます。

3.「閉じる」ボタンをクリックします。
LBのバージョンアップ画面

「LBのバージョンアップ」画面が閉じ、FW+LB 専有タイプの詳細画面に戻ります。

「ホスト」欄の「ステータス」に更新中が表示されます。LBのバージョンアップが完了すると起動が表示されます。

補 足
  • 冗長構成の場合、アップデート後にマスターLBとスレーブLBのどちらかのLB管理画面へ「customer」ユーザアカウントでログインし、「Diagnose > Cluster Diagnosis > Configuration: Traffic Managers」の表示を確認してください。
  • 「Error」表示がある場合は、下部の「>Replicate Configuration of this machine(clb_*****)across the cluster」をクリックしてください。LBの設定が同期されます。なお、この操作によりLBの通信断は発生しません。
  • 「Error」表示がない場合は上記の操作は不要です。